Leeaarnで学ぶ!モテ男イケメン育成講座

モテるためのアドバイス


 

モテるの定義をしっかり作る

モテたいという気持ちが先行してしまいがちですが、そもそも貴方にとってモテるとは何かをしっかりと定義しておく必要があります。 不特定多数にモテたいのか。狙った獲物をしっかり落とせるのかは、手法が変わってきます。
モテには種類があることをしっかりと知っておくことで、自分がどのモテに付き進みたいか、どのモテなら適性があるかをしっかりと把握しておく必要があります。 顔に自信がない場合は、 女性がオートで寄ってくるイケメンのモテは参考になりませんが、 マメに連絡を取ることで仲良くなっていくモテは非常に参考になりますよね。

不特定多数の女性からモテたいのか、確実に落としたいのか

小中高のモテというのは、クラスの人気者的な存在で、多数の女子にモテている状態を差します。 大人になってもそれを続けるのはほとんど意味がありません。そのようなポジションを取らないといけないのは主に芸能人です。 ホストは?と思う方も居るかもしれませんが、ホストは1対1のコミュニケーションに長けていれば良いので、売れている美容師などと同じスキルと言えます。 ついついモテというと、バレンタインデーにたくさんチョコを貰っている人にフォーカスが行ってしまう人もいるかもしれませんが、 大人の恋愛は限られた時間の中で、一人の女性を落とすことが重要となります。 ランチェスター戦略で言えば局地戦ですので、しっかりと学ぶことで女性との関係を上手く築きあげることができるでしょう。

モテたいなら場数も大事だが、まずは自分をしっかりと作る

「モテないのは合コンや飲み会の場数が足りないからだ」と思うかもしれませんが、実際は違います。 まずは自分というコンセプトをしっかり作り、自分はどういう人間かを相手に上手に伝えられなくてはなりません。 そのためには、現状の自分と、理想の自分を明確にしておく必要があります。

社会人になったら顔なんて二の次、三の次

社会人になったら、高校、大学生のようにイケメンだけがモテるわけではありません。 最低限のファッションの知識は必要ですが、それ以上に、清潔感、マナーが問われます。

女性は大学生、社会人になると結婚を強く意識する

女性は、大学生、社会人になると結婚を強く意識します。特に、就活や、実際働き始めると、 「働くの面倒だから結婚したい」と少なからず思うのです。 いくら晩婚化が進んでいるからと言っても、女性は25歳前後で結婚するのが1つの夢であり、目標なのです。

就活で自己分析する際に、必ず結婚も視野に入る

女性の場合、20代、30代で出産というイベントが待っています。 終身雇用でバリバリ働くという選択よりも、結婚して出産して、子育てをしていくことを考えるのが一般的です。
ほとんどの女性が、小さい頃から夢見た職業、会社に就職できるわけではなく、自分の学歴ならこれくらいか。 強いて言えばアパレル、美容系で働ければよいか。などと思っている程度です。
夢に向かって頑張っている女性をターゲットにしないで、無難に働き始めた女性をターゲットにするだけで 難易度は大幅に下がります。